NewType練

今日は休日出勤の代休でした。
他にも休みのメンバーがいたので、
急遽夏休み練が組まれることに。

メンバーは
引率 Iさんに、I葉さんにCTさんと自分の4名。
他に店長2人も来る予定でしたが、自宅付近雨のためDNS。

朝7時過ぎからスタート。
夏休みロングライドなのに、初っ端から高強度練。
死ぬかと思いましたよ。

一応途中途中でコンビニには入ったのですが、
汗でジャージがびしょびしょ。まるで水を浴びたかのような格好。
案の定、ふくろはぎが攣りかけたのに、今日に限ってレイの漢方薬を忘れる始末。
後半はグタグタな感じで他のメンバーに迷惑をかけました。

今日の課題は、
「極力下ハン」「カーブで離されない」
でしたが、概ね達成できたかと。
でも新たな課題が。
「坂で離され、その先の平坦で更に離される」
まぁ、原因は一にも二にも体重が重いことによるんですけどね。

うーん。自転車なめていました。全然他のメンバーに追いつきません。
まずはやっぱり距離を乗ることなんでしょうか?
とりあえず、ダイエット頑張ります・・・・

焼肉定食食っちゃったけど。

自転車事故と保険

もうすでに1週間前の話になるのですが、
先週の日曜日、ショップで山練で不動峠へ行ってきたときのこと。

ツールドさくらがわも近いこともあり、今週は不動峠を登って裏不動をくだり、また戻ってくるというものでした。
いわゆるメタボな自分は登りはヒイヒイ、下りはビクビクという感じでして、
復路の裏不動で息も絶え絶え。
後は不動峠を下って帰るだけというところで事件はおきました。

前日雨が降ったり、風が強かったりして、結構路面はウェットで桜の花びらとか葉っぱとか落ちていて、
結構スリッピー。
そんな感じでおっかなびっくりしながら不動峠を半分くらい下ったとき、


右カーブからおおきくはみ出してくる車が。


やばいと思ってひだりによけようとしたところ

ずるんと滑って落車
体は横向きで前方から車が迫ってきます。
やばいと思って頭をかばおうとしたところ、車が止まりきらずに



「ごつん!」

頭が車の右バンパーと接触。

そこに仲間がかけつけている間に、なんだかよく分からないうちに相手の車はこっちが無事だと思ったのかそそくさといなくなり


えー!!!


当て逃げなんすか?まぁでもとりあえずいいや。軽くごつんと当たったくらいだし、
他のメンバーにも迷惑かかるしバイクは大丈夫そうだし。

と思ったら、

ヘルメットが割れとるやないですか!
メット破損1
メット破損2


とりあえずそこにいるのもなんだったので、麓の平沢官衛遺跡まで降り、怪我の状況を再確認。
ヘルメット死亡。(ちなみにその日がシェイクダウン。)
膝、肘擦過傷。
怪我1
怪我2


首、頭~問題なし。
心~妙なテンション。

とりあえず大丈夫そうだったので、ひとまず解散場所まで帰ることに。
でもなんだか帰る途中微妙な感じに。
今思えば確かに頭打ってるんだからそうだよね。でもそのとき擦過傷ぐらいだったのと
後自分も横転したからという思いもあり、とりあえず流してみたんだけれど、
後々鞭打ちとか脳へのダメージとか気になり、保険の都合もあるので、結局警察へ。

けどさ、やっぱ時間たつと場所忘れるのよね。しかも警察相手の車いないもんだからやる気ないし。
なんとかここ?というところでオチをつけるが、
現場写真を撮るのに第三者の確認が必要ということで峠を通る人に声をかけてお願いすることに。

すぐに不動峠降りてきたローディに声をかけたんだけれど、
あからさまに嫌そうな感じ。2,3分で終わるという警察官に対し、
「時間がないから」と断られる。面倒なことにまきこまれたくないのは分かるけど、少しがっかり。

そこに車がやってきたのでお願いすることに。
写真を撮っている間、そのおじさんは
「ここ自転車危ないんだよ。事故多いし。スピード出すし困ってるんだよ!」と
着替えた俺に同意を求めてきた。
どうやら俺が自転車乗りとは分かっていないらしい。

その後も自転車がいかに危険で困るか声高に訴えていた。とりあえずうなづく俺。

後半ようやく俺が被害にあったと分かり、「あぁ、そう」みたいな感じで凍る空気。

当然そこで終わりなわけではなく、目撃者の話が必要ということで
後日、サイクリング会のメンバーに付き合ってもらって再度現場検証。
本当にI葉さんには頭が下がります。

さて、その日は、家に帰った後。保険会社に連絡し、特約を確認。
サイクリング会でもスポーツ保険に入っているが、
保障とか手続きとか煩雑なので自動車保険の特約に入っていたのだ。

電話をすると、そこはプロ。とんとん拍子で話を進めてくれ、病院のほうにもアポイントメントを取ってくれました。
ようやくここで救う神に出会った感じ。
興味のある人もいるかもしれないので少し詳しく書いておくけど
交通事故特約というやつで、相手がいるいないに関わらず、事故の場合保険がおりるという制度。
一応自分の健康保険を使い、通常3割負担分を保険会社が肩代わりするというもの。
診断書とか別にいらないので、結構楽な感じ。

自分の場合、その翌日、念のために病院にいって、
CTスキャンして、首、肩のレントゲンを撮って、肘、膝に湿潤療法用のパッドを貼ったりしたので、
多分いい感じでお金かかったと思うので、結構これお勧めです。
確かに等級が下がるのも気になるけど、逆に言えば、保険掛け捨てで20年以上払って無事故だったことを思うと、少しぐらい使ってもいい気がします。

さて、結局その後ですが、頭のCTスキャン、首肩のレントゲンを撮って、
どこも異常なしということで、「なんかあったらまた来てね」で終了。
結局肘、膝の擦過傷とヘルメットの全損、それとエンドの曲がり程度で済みました。


で、1週間たってみて思ったこと。
まずは、「なにがあってもすぐ警察。」
メンバーに迷惑をかけると思い、その場では流したのですが、やっぱ頭打ってるし
後になって騒ぎ立てても、記憶はあいまいだし、ましてや峠の下りなんてどこも同じように見えるし
その場で警察なり、無理なら写メで現場を押さえておくなりしておけばもっと後日が楽だったと思う。
結局その後の現場検証のとき、メンバーに付き合ってもらったし。
だいたい警察も面倒くさいのは嫌いなので怪我の程度は関係なくきちんと速やかにやらないとだめって思った。
そのほうが後が楽。

もう一つ思ったのは、「事故ってられないなぁ」ということ。
同時期にサイクリング会メンバーが風で落車したり、自分とおなじように右カーブをはみだしてきた車をよけようとして横転し股関節の骨を折ったりして結構大変だなとしみじみ実感。

職場の人にも家族にも心配やら、なんやらかけて少し肩身が狭い思いをしました。
キックボクシングの怪我はせいぜい肋骨の骨折程度で済んでいたのですが、
ロードバイクは危険だと改めて実感。まぁやめないけど、第一目標は事故らないことになりました。

それともう一つ。これはローディ全員に言える事なのかも知れないけど、
少し地元へのリスペクトが大事なのかなぁ。
やはり地元住民の生活路をお借りして走っている気持ちが大事なのかなと。
不動峠も結構事故が多いらしく、結構地元では問題になっているそうです。
ということで少し反省しつつ、メットとあるブツを注文しました。
転んでもただでは起きない、貧乏暇なしの番長でした。押忍。

# 立ち後家

今日はR店長自らの呼びかけで普段青ジャージ軍団が走行しているNTを走ろうということになりました。
現地の集合が7時。その前にしょうなん道の駅で6時に集まるということで、
逆算の逆算で朝5時に起床する羽目になりました。
昨日の落車の影響で、右肩、左首、左手が痛む中朝からごそごそ準備して行ったのですが、
見通しが甘かったのか、予定の時間より10分遅れそうだったので後追いで追いかけることにしました。
朝5時にもなると道路はすいており、つくばから沼南までだいだい40分程度で到着。
そこから自走で鎌ヶ谷駅まで行ってきました。

この日のメンバーは十二名と大所帯でした。
最初から巡航スピードが35kmオーバーで、普段30kmに慣れている身にはヒィヒィものでした。
その上店長から愛のお言葉「もっとついて!」
「はい!」と言うものの、半分千切れそうになりながら鼻水ダラダラ流しながら必死こいてついていくアラフォー男子。みっともないね。

その上、停車しようとして、つまらない溝にハマって立ちごけする羽目に。
昨日の落車以上に恥ずかしいです。
そうしたら、ハンドルはずれるは、サドルはずれるは、挙句の果ては、ホイールはふれるはで散々な感じでした。
それでも店長自ら拾ってくれて、なんとか合流し、またもや荒波に揉んでもらいました。
途中メンバーがはぐれたりして、かなりのハード練だったのですが、最後店長からもっと練習するようにとの愛のお言葉が。

でも自分一人じゃ越えられない壁を今日走ることで、なんか一つ越えた感があり、サイコーでした。

と同時に、その後襲った両足のつりと、土曜日の落車で痛めた肩の痛みと、ホイールのメンテ費等で、色々ダメージを受けて瀕死の状態でもあります…
凹んでも、怪我は治らないし、バイクは直らないし、お金もたまらないので、とりあえずおとなしくしてます。
あーヘルメットやウインドブレーカー欲しかったんだけどな。
もっと集中力養わないとダメだな。
とりあえず我慢の日々かな?まずは腹筋と背筋のトレーニングですかね。

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

初落車

今日は初級対象のLSD周回練だったのですが、
店長が偵察に来るということ、明日千葉のNT練ということもあり、
いつもとは少し違った雰囲気でスタートしました。
こないだの「ペダリング」、「ポジショニング」を呪文のように唱えていたんだけれど、
店長からかなりのチェックが。
でも同時にお褒めの言葉も頂き、気分はいい感じ。
途中から2班に別れてLongSlowDistanceならぬLongSpeedyDistanceに。
でも前回と違って最後のほうまでちぎれないようになったためかなりうれしくなっていました。



が!最後の最後、後300mかというところで、先頭を走っていたK君が突然の落車。
対応しきれずに自分も落車してしまいました。

後で写真はアップするのですが、前方に投げ出される形で頭、肩、膝を強打しました。
頭はメットがカバーしてくれてちょっと首が痛む程度だったのですが、
サングラスが皮膚に当たったのか、目の横がかなり切り傷になり、左手人差し指も強打してしまいました。
まぁただ、格闘技をやっていたので、そんなに精神的ダメージも肉体的ダメージもありませんでした。

他にもKさんも巻き込まれ、あばらをいためたようでした。
当人のK君は足首を痛め、ホイールも破損してしまいました。

顔面の傷はその後薬局に行って湿潤療法にならい、キズパワーパッドの絆創膏を貼りました。
注意一瞬、怪我一生だなとマジで思いましたよ・・・
その後家に帰ってから、別の件で少し行き違いがあって
若干色々ありましたが、とりあえず解決。
なかなか難しいなとも思いましたが、まぁ今後ですね。
それよりヘルメットをまた買わなきゃならないのが痛いです。
安月給のサラリーマンの身なので、色々迷ってしまってます。
ウインドブレーカーも欲しいのになぁ。困った、困った。


最後にほんと皆さん、落車には気をつけてください。

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

トミーライド!ハンバーガーを喰らう!(つくば周辺79km)

今日はショップの月1恒例グルメポタリング、通称「トミーライド」の日でした。
昨日のLSDで腰の疲れが取れず、しかも嫌いな山を登るということで、
昨日の夜はDNSを考えていましたが、
玄関に愛車を置いて、朝作るのが面倒で忘れちゃいそうなドリンク2つ(うち一つはプロテイン)
を作ってセッティングしておきます。
そうそう、みなさんに聞きたいのですが、準備どのくらいかかってます?
結構準備が忙しくて、朝早く起きても時間ぎりぎりになるのよね。
段取りが悪いのかしら?

そんなこんなで朝起きてみると、曇天で、気持ちも萎えましたが、
準備もして、早起きもした手前いそいそと準備をします。
天気予報では晴天で気温も高いということだったのですが、
厚着をしてショップまで向かいます。

結局この日も時間ぎりぎりに近かったですが、3分前にはなんとか到着。
もうすでに遠方(野田や柏、市川から来ていました。びっくり。)の人は準備万全。
いったい何時におきているのでしょうか?意気込みが違います。
この日は結局12名の参加でした。昨日とは大違いです。

それから一通り挨拶をしてから出発。
ちなみにこの日はK綿くんが就職が決まって遠方に引っ越すということで最後の参加。
みなさん容赦なく彼にコース全引きを指示しています。
あぁー、俺引っ越すときは黙って引っ越そうと思いましたよ・・・
そんなこんなでまずは前菜の不動峠へ。
昨日帰った後、仕入れた雑誌(Funride,cylcesport)を読んで意識したことを投入してみます。
まずはポジションですが、どっかに書いてあった「バランスボールを抱く感じで乗る」を意識して
乗ってみると、あれー、腰と肩への負担が違うなぁ。
しかし、そんな余裕をかましているのもつかの間、みなさん初っ端から飛ばしています。
赤青合同錬の影響でしょうか、ハイペースでついていくのがやっとです。
そのため大池公園に着くまでにはもうだいぶ脚を使ってしまいました。
しかも今回は休憩時間が短く、ほとんど回復しないまま不動峠へ。

久しぶりの不動峠で、凍結のうわさもありましたが、気温が高くなったせいか、ぜんぜん安全でした。
ここでも雑誌の受け入り「ギアをこまめに換えろ」作戦を実施。極力ギアを変更してみます。
そうしたらこれが結構功を奏したのか、前回だいぶ差をつけられたロミヒーを抜いてゴール。
記録も19分と1分短縮。やったね!
とうまくいかないのがいいところ。ふくろはぎがつりかけました。
そうしたらそのまま風返峠へ行って表筑波スカイラインを登ることに。
案の定、プロトンからちぎられ、カヴェンディッシュの気持ちになりました。
なんとかかんとか頂上まで行ったら、今度はすぐに降りて神社を通って麓までダウンヒル。
このときも雑誌の受け入りで「視線を低くしろ」を実践。
あれ?結構怖くないなぁ。そんな感じでこのとき最高速度を記録。
りんりんロードの筑波休憩所で待ち合わせの後、すぐにまた出発。えーん、休みたいよぉ。
予約を入れたお店の時間に間に合わないということで、K巣さんがこのあと全引き。
旧道で車や人が多いから気をつけるようにと言っていたのに、平均時速30km列車で突っ走ります。
やばいです。もう脚が完全に売り切れです。と思ったら、洞峰公園の近くのNON FURNITURE CAFEに到着。
そこで第1回K綿さんを送る会を実施しました。
以下その写真。


2011.01 003
つくバーガーを食らうK綿さん。

いやぁ、かなりのボリュームでマックのビッグバーガーなんか目じゃないと思いましたよ。
その後楽しい一時を過ごし、解散かな?と思ったらI見さんから悪の一言。
「消費カロリーが足りないので、周回コース行きましょう。」
もうなきそうですが、男の子なので頑張ります。

そうしたら途中で雲行きが怪しくなり、1周で解散となりました。

今日の記録。


ほんと今日は楽しかったです!
あ、この後二次会だ。やっべぇ。死にそう。
プロフィール

ゆうれい番長

Author:ゆうれい番長
Sex:男
Occupation:サラリーマン
voiture favorite:Pinarello Dogma65.1 Cannondale SupersixEvo

筑波山の麓で妻と娘、猫2匹に囲まれて楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
Twitter
 
JOG NOTE
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ