イタリア車に乗るということ。

まいど。
地震やら、スマホやら、職場やらに振り回されているゆうれい番長です。

地震については、とりあえず慣れました。
だが、近場のCRとか不動峠周辺は落石や地割れ等で一部通行不可になっているところもあり、
以前のようにロードバイクを楽しめないようになってきているのが実情です。

その上、ストレス食いが激しく、全くやせる気配を見せてくれません。
また、最近サイコンのスピード表示が怪しく、そのことも著しくやる気を削いでくれています。

幸運なのは花粉症がないことだけ!

なんともみみっちい感じですが、これ重要です。
後、結構自転車いじっているのですが、これはまたの機会に。(やる気さえあれば!)

んで、この土曜日もサイクリング会に参加するべく、
早寝早起き健康優良児となったのですが、
その日は午後から雨の予定だったのに、朝の窓から見る筑波山は雲で薄ぼんやりとしており、
道路は黒光りの様相。

結局サイクリング会は中止となり、手もち無沙汰となった私。
相方は前の職場の離任式に出るということで朝から不在。

そこにふと思い出したこと。
相方の車に異常ランプがまたもやついていたので、どうしようと言われていたことを思い出し。
AlfaRomeo156(Phase3と言うらしい。ディーラーで教えてもらった)をつれて、つくばのディーラーへ。

待っている間、156ちゃんの後継車探しのため、たまたま置いてあったMITOに試乗させてもらいました。
FIAT500と同じセグメントかと思っていたら、グランドプントの方らしい。あっそう。
うーん、色気のあるインパネ。でもメーター類は少しガジェット臭が漂います。
MTとAT(ととりあえず書く。ホントは違うけど、説明するのがめんどくさい)2台あったので、
個人的にMT乗りたかったのと、家で買うとしたらAT(相方がAT限定)だしという理由で
2台乗りたいと言って見たらOK牧場。いやぁ、言ってみるもんですな。

最初に乗ったのは、なんか速いバージョンのやつ。グレード名はQuadrifoglio Verde
いわゆるヤンチャ仕様ってやつですな。
でもギミックが多いのが気になったなぁ。アルファの電子制御関係って信用してないのよね。悪いけど。
。なにせ、156、セレスピードなんだけれど、何度も壊れているのよね。
今回のエラーだって、O2センサーのトラブルで半年に1回ペースでエラー出ているし。

次に乗ったのは、TCT,いわゆるセミオートマというやつ。しかし色々聞いてみたけど、
普通のATになぜしないのだという疑問。
後普通に驚いたのが、アイドリングストップ機能。
これってどうなんですかねぇとディーラーの人に言いながら試乗していたら!!

なんと、信号待ちで停車していたらエラーが出てエンジンかからず。。。。。
エンジンをかけ直したら再び発進しましたが、その後は二人とも沈黙でした。

ま、なんつうか、相性の問題、ということにしときましょうかね。
さすがにディーラーも「アルファですから」と言わなかったですね。

結論としては、MITOはなかったことに。

小一時間ほどでエンジンのチェックも終わり、言われたのが「O2センサーの接触不良」とお決まりのセリフ。
ますますアルファへの愛が冷めつつ(覚めつつか?)
もう一つのイタ車のため自転車屋へ。ま、こっちはメイドイン台湾なんすけどね。ピナレロ。
まぁ言うなれば、ロードバイクなんざイメージ産業の最たるもの。
「台湾メイドのほうが壊れる心配なくていいワイ」と呪文を唱えつつショップへ。

そう、度重なる雨天中止という天の仕打ちに抵抗しようと、あるブツを受け取りに。


それはいったいナンなのか。


             続く。(のか?)







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうれい番長

Author:ゆうれい番長
Sex:男
Occupation:サラリーマン
voiture favorite:Pinarello Dogma65.1 Cannondale SupersixEvo

筑波山の麓で妻と娘、猫2匹に囲まれて楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
Twitter
 
JOG NOTE
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ