トータルイマージョン受けて来ました。

GWの最終日、家族サービスをほっぽっといて神奈川県のオンワード研究所という名の研修施設までやって来ました。

目的は、トータルイマージョン+LUMINAプレゼンツ
TIトライアスロンスイム1DAYワークショップ

最初に座学→撮影→練習→昼食→撮影の検証→ウェットスーツ着ての練習→撮影→検証
いわゆるPDCAぐるぐると。
さて、トータルイマージョンとは
①バランス 前後、左右
②ストリームライン(手を伸ばしたときの姿勢)
③推進力(体を切り替えて進む・重心をキャッチの時載せ換える・キャッチより体幹の重心移動を重視)
意図するところは
「無駄な動きを減らして楽に泳ぐ」
そこを目的として体の動きを見直していく。
姿勢の改善、スカーリング
スカーリングのコツ
ベースボールのダイヤモンドを意識。肘から先の前腕のみを動かして四角形を意識。肘の角度は直角で。
1時間の座学後は2時間の撮影&ドリル練習
意識する点
①腕を下げると腰は上がる
②腕は必要以上に伸ばさない
③頭は自然に
④体は開かない
⑤肩幅を意識
⑥入水は30°
⑦リカバリーの動きを速く
⑧腕の付け根の角度を広げる
⑨フィニッシュは押すのではなく払う
⑩リカバリーの動きは二の腕を上げる感じ
11足は添える感じ
12リカバリーの体重移動は二の腕→最後に体
13リカバリーの際、メリハリをつける。
その上でドリル
伏し浮き→片手泳ぎ→スカーリング(前、腰)
昼食は地下のレストランでフレンチ。
さて午後の部。
まずは撮影での指摘事項
①フィニッシュの肘が曲がったままで、水を切っていない。水と腕の重さ両方かかっている
②入水の際、腕が内に入り込んでいるので、腕に頭を付ける感じ
③プルのタイミングが早い。入水時、反対の腕は肩より前ぐらいのタイミング。グライドを意識。腕を伸ばすというより体を伸ばす感じ
その後ウェットスーツを着てのドリル
午前の動きを確認した後、ヘッドアップのドリル
注意事項
①前呼吸しない。波が入ると口に入る。又、気道に入りやすい
②ヘッドアップの際も口まであげない。
ドリル練習
ヘッドアップ→横呼吸の片手泳
片方ヘッドアップ→逆で呼吸
最後にヘッドアップの際にスカーリング入れる練習
最終
①手の位置が高い&手のひら反っている。
②息継ぎが頭上がってる。
③フィニッシュの位置が身体から離れている
④足が開き気味
⑤リカバリーは横に払う
良くなった点
①エッジが効いて伸びている時間が取れている。
後で動画も貰えるとのことですが、実際に動画が見ての指摘はとても参考になりました。
スポンサーサイト
プロフィール

ゆうれい番長

Author:ゆうれい番長
Sex:男
Occupation:サラリーマン
voiture favorite:Pinarello Dogma65.1 Cannondale SupersixEvo

筑波山の麓で妻と娘、猫2匹に囲まれて楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
Twitter
 
JOG NOTE
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ