New WHEEL MAVIC COSMIC CARBON SLR WTS 簡単最速レポその2

日曜日は山練の日。

参加者はガンちゃん先生、CTさん、のべやんさん、抗生物質さん、パラくん、EBIちゃん、K-UNOさん
I葉ちゃんのメンバー。
松戸沼組がきらりと光ります・・・・
事前のメーリングリストで履いてく宣言したのと、
ブレーキシューの交換が面倒くさかったので、結局そのまま。
スプロケも11-23Tのまま。
自殺行為と知りながら見た目重視でいってしまう自分・・・馬鹿ですな。
12-25つけとけって感じです。


とりあえず不動~湯袋~つつじが丘ということで最短距離でまずは不動へ。

ペースは30~35km程度でいい感じ。コスカボもいい感じ。
ていうか、BOBのクアトロに合っています。
うーん、次期バイクも黒ベースにすべきだったか・・・

んでもってコスカボで初不動。

タイムは18分40秒。
前々日はシャマルで20分以上という体たらくだったのですが、
自分的にはかなりの好タイム。
行ったメンバーに引っ張られたというのもありますが、
結構コスカボ回せるな、という印象。

そのまま裏不動を下って八郷のフルーツラインへ。
下りはブレーキ面の慣らしということで、がっつりブレーキかけて下ります。
いやぁ、すごい音鳴るのね。自分自身でちょっとびっくり。
路面も荒れていたのでドキドキ。

そんなこんなでなんとか下り、EVOを購入するというあるお方とお話ししながらフルーツラインへ。

そこでは、アイバちゃんとのべやんさんの40km巡航にたまらず切れかかるも、
後ろのパラ君のプレッシャーに怯えつつなんとか合流。
こういうときコスカボ履いてると追いつくんだなと実感。
ま、中斜面とかでアタックがかかると、厳しいのも事実なんですけどね。
イーブンペースが合っているのかな?

いつものセイコーマートでグダグダした後、再び湯袋へ。
セイコーマートさんにお願いしたいのだが、1Lとか1.5Lのスポーツドリンクを置いてくれると嬉しいかなぁ。あと、氷結ペットボトルも。そこだけが残念です。はい。

湯袋はタンタンと登り、ひつじの郷からの分岐点から風返峠目指して登りますが、
さすがに10%前後は厳しいです。何も考えずにヒタスラ、ラム肉のことだけを考えて登ります。じゃなかった、ハムストリングスのことだけを考えて。
途中バイクの集団がグルグル走っていて邪魔でしたが・・・
あーいうのは夜やってくれって感じ。まぁ、しょうがないんでしょうけどね。スカイラインはスカイラインで走り屋の車が多いし。
そんなことを思いつつ、なんとか風返へ。結局EBIちゃんとK-UNOさんが登り終えるまで残りのメンバーでつつじが丘にGO。

もう何度も登っているのでだいたいのコースレイアウトが入っているのでタンタンペースで頂上へ。
風が気持ちよく、秋の香りをかんじました。

この日のつつじが丘は結構ローディも多かったです。

とりあえずソフトクリームと思うものの、結局暑さに負けてかき氷。普段ならキーンとなるのに今日はならず。
そうとう熱がこもっているのか?

暫くして不動峠往復組と裏不動組と別れて練習することに。
つつじが丘からスカイラインを下ります。

これがまたチョー気持ちいい。路面がきれいでRもきつくない道路だと最高ですね。
ここだけ往復したいと思いつつ、不動峠を下ります。
この日の不動は結構人が多かったです。パッと見初めて間もない人が多かったですが、
すごくキレキレな走りを見せる人もいてびっくり。

VITESSE市川のジャージを着ていた人ですが、見るからにオーラバリバリ。
後で調べたけど、もしかして市川雅敏さんだったのかなぁ。
猛スピードで登り、猛スピードで下りながら去っていきましたけど、すごいってすぐわかる走り。

ホント上には上がいるんだなぁとしみじみ、しじみ。

そんなこんなで下まで下ったら今度は不動峠2本目。
脚は完全に売れ切れ状態ですが、馬鹿丸出しで行ってみます。

と残り500mぐらいのところで裏不動組が下ってきたので、そこにて断念。
?自分に負けたわけじゃないよぉ~

と言い訳しつつ下ります。やっぱ心って大事ですね。ホントに・・・

平沢遺跡で合流後はK-uno坂を登って帰ります。
途中抗生物質さんが坂でアタックをかけたのにすぐにたれたりして楽しみつつ
CTさんが鬼引き。一番後ろで何度も千切れそうになりつつなんとかついていくものの、
最後のスプリントポイントでパラ君がアタックしたときには完全終了。
いい感じで平地も峠も楽しめました。
そういう意味ではステージ練という感じでお腹いっぱいになりました。
その後はオバフォー4人組でラーメンを食べて終了。
バブル時代の携帯の話で盛り上がっていました。

さて、コスカボですが、

まず音鳴りは通常の走りをしている分にはさほど気にならず。きちんとトーインをしていれば問題なし。
ただし、峠などではビックリするぐらいの音が出ますので、前後の人には言っとくといいかも。
パニックで落車しても困るしね。

次にヒルクライムですが、正直なところ向いていないのが事実。R-SYSとかの方がいいのは自明の理。
ただし、平地も峠も両方ある場合には、十分活路が見いだせる感じ。ここはレースに使ってみないと分かりませんが。
R-SYSに乗っている人曰く、「軽いけど、回さないとダメ」とのこと。
コスカボは高速巡航ではある程度脚は休めるので結構平地は楽になりました。
また、シャマルに比べると、今回のルートだといつもは脚に来ているのに、今日は平気なところを見ると
脚には優しいのかなと。固さもそんなに感じなかったので、そこが気になる人は気になるかも。(当たり前のことをいちいち書くな)

風は今日もそんなになかったのでわからず。今のところは気にならない。

二日間試してみましたが、今のところはそういう感じ。
簡単に書き出すとこうかな?

◎かなり良かったところ
・高速巡航が楽
・適度なアップダウンなら慣性で進む
・イーブンペースに向いている。

○まぁまぁよかったところ
・峠がそこまで苦にならない
・回すペダリングだと大丈夫
・ブレーキの利きもさほど気にならない。

△イマイチなところ
・アタックがかかるような場面だと脚を使う。
・周りのプレッシャーが強くなる。

×ダメなところ
・ゼロ発進
・急カーブ

後はロープロのホイールなんかと組み合わせて使うとまた変わってくるのかな?
とにかくビジュアル最高です。
気に入ったぞ!!!
スポンサーサイト

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

漢のギア11ー23だったとは知りませんでした。フルーツラインでは後ろからプレッシャー与えるどころか逆に高速ゆうれい番長列車で運んでもらっちゃって気分は無賃乗車です(笑)

コスカボのインプレ読んだ限り、やはり同じディープリムでもBORAとは特性が違うように感じました。登りより平地が好きな自分なんで今後コスカボ購入計画発動したりして!?(言うのはタダですw )

まぁ所詮素人の戯言として・・・・

こちらこそ無賃乗車ゴチです!!!

まぁ、フロントがコンパクトな乙女なので、ちょうど足してオカマちゃんというところでしょうか。
是非またよろしくお願いします。
プロフィール

ゆうれい番長

Author:ゆうれい番長
Sex:男
Occupation:サラリーマン
voiture favorite:Pinarello Dogma65.1 Cannondale SupersixEvo

筑波山の麓で妻と娘、猫2匹に囲まれて楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
Twitter
 
JOG NOTE
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ