もてぎ7Hチームエンデューロその2

さてさて、I葉さんにはローラーを勧めたものの、結局やらずそのままスタート。
こっちは二番手なので、ローラーでUPしながらレース観戦。
Timeはマトリックス協賛なので、HPからラップチャートをM田さん、のべやんさんがチェック。私はスマホの電池を意識してあまり調べず。

他の人の話を聞くと、結構最初に落車が頻発したらしいのですが、I葉さんは順調にこなしています。
そして、最初の2、3周を過ぎると、オーバーペースで他のチームが垂れ始め、着実にジャンプアップ。
次に私に回ってきます。
この時メットを被らず行こうとしたので、周囲から指摘。多分舞い上がってたんだろうなぁ。

交代もスムーズにいき、二番手の自分の番。

しかし、ここで問題発生。
トレインがありません…
自分の後ろにはできるんですけどね。かなり他力本願な感じだぜぇ。

そういう自分も他力本願強いので、AVIDジャージをきた人のトレインへ。
そこには4人パックだったのですが、なかなかローテーションが回らなかったり、一人挙動不審な動きをして、ペースがまちまち。
そうこうしているうちに、段々800m斜度5%の坂がきつくなり、最初は27km/hだったのが、向かい風がきつくなってきたこともあり、20km/hで推移。それでもトップ集団の後ろについた時は全然楽。
なんとかノルマの55分を終え、のべやんさんにバトンタッチ。
のべやんさんは脚を負傷した状態でガンガンいきます。

その後M田さんへ行き、二周回目に入ると、4Hが終了。グンと走ってる集団が減ってきます。
そして、午後になって風も強くなり、トレインは35km/hで推移するようになり、なかなか先頭に出ようとしません。
そこで、何回か覚醒を図り、脚の合う人たちで廻しながら順位をあげていきます。
今度は50分を6周回ったところで、交代。
後はのべやんさん、M田さんに託します。

そして、アンカーのM田さん、冷静なレース運びで最後のスプリントに打ち勝ち、総合43位男子ロード25位までいきました。


その時は頑張ったなぁと思っていたのですが、最後の表彰式で顔見知りのクロさんが表彰されているのを見て、自分も頑張ってあの場に立ちたい気持ちがムラムラ…



少しモチベーションがUPして家路に帰り、一時間半できたくっくま。
やっぱ、近所だと楽だわぁ。
さて次はかすみがうらだ!頑張るでぇ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日はお疲れ様でした!

チーム戦も順位がリアルタイムで確認できるので燃えますよね。

来年は表彰ステージ狙いましょう!(^-^)
プロフィール

ゆうれい番長

Author:ゆうれい番長
Sex:男
Occupation:サラリーマン
voiture favorite:Pinarello Dogma65.1 Cannondale SupersixEvo

筑波山の麓で妻と娘、猫2匹に囲まれて楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
Twitter
 
Twitter
 
JOG NOTE
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ